1: ナナシさん 2016/06/06(月) 19:54:49.90 _USER
物語の王道といえば、主人公が強い力を得て敵を倒す、というのが普通です。
しかし中には力を持たずに戦っている・戦わざるを得ない主人公もいるわけで、今回はそんな主人公が登場するラノベを5作品選んでみました。

◆灰と幻想のグリムガル
455e4b75-dfe5-4ce8-a4d6-e92cd3595216

著者:十文字青
イラスト:白井鋭利
レーベル:オーバーラップ文庫
発売日:2013/6/22

物語の王道といえば、主人公が強い力を得て敵を倒す、というのが普通です。

しかし中には力を持たずに戦っている・戦わざるを得ない主人公もいるわけで、今回はそんな主人公が登場するラノベを5作品選んでみました。

おれたち、なんでこんなことやってるんだ…?
ハルヒロは気がつくと暗闇の中にいた。何故こんなところにいるのか、ここがどこなのか、わからないまま。周囲には同じように名前くらいしか覚えていない男女、そして地下から出た先に待ち受けていた「まるでゲームのような」世界。
生きるため、ハルヒロは同じ境遇の仲間たちとパーティを組み、スキルを習い、義勇兵見習いとしてこの世界「グリムガル」への一歩を踏み出していく。
アニメ終了後も人気上昇中の『灰と幻想のグリムガル』。

主人公のハルヒロを筆頭としたパーティは、当初ゴブリン一匹を狩るのにも大変な苦労をし、己の弱さを痛感しています。異世界転生もの、というべき作品ですがチート要素はほぼありません。そして、ラノベですが平気で人が死にます。ダークな雰囲気を感じる面もありますが、異世界モノの中では一味も二味も違う面白さを味わえます。

最新刊になるほどどんどん濃密になり、最新第8巻ではラノベとは思えないほどの密度です。

◆Re:ゼロから始める異世界生活
e3a0d9ba-a6b7-4bba-bc1b-d1e6b710cca4

著者:長月達平
イラスト:大塚真一郎
レーベル:MF文庫J
発売日:2014/1/23

コンビニ帰りに突如、異世界に召喚された高校生・菜月昴。これは流行りの異世界召喚か!?
しかし召喚者はおらず、物盗りに襲われ早々に訪れる命の危機。そんな彼を救ったのは、謎の銀髪美少女と猫精霊だった。恩を返す名目でスバルは少女の物探しに協力する。
だが、ようやくその手がかりが掴めた時、スバルと少女は何者かに襲撃され命を落とした……
はずが、スバルは気づくと初めて異世界召喚された場所にいた。
現在アニメ放送中の『Re:ゼロから始める異世界生活』。

主人公のスバルが異世界にやってきて手にした力は、「死に戻り」という死んでもやり直すことができる能力。特別な力はありません。弱くて何もできない中、何度も何度も「死に戻り」を繰り返しながら挑んでいきます。1巻は、全体で見た時にプロローグの位置づけにあるといえるので、2巻3巻と一緒に読んでいくのをおすすめします。
特に、様々なことが明らかになる3章以降は必見。

WEBでも読めます⇒Re:ゼロから始める異世界生活 - 小説家になろう
http://ncode.syosetu.com/n2267be/

◆戦闘城塞マスラヲ
0675e589-c858-47dd-94c3-4cb98ecadba4

著者:林トモアキ
イラスト:上田夢人
レーベル:角川スニーカー文庫
発売日:2006/10/31

無職で貧乏、宅配便の受取さえ緊張する対人恐怖症のヒデオ。
ひきこもっていた彼は電子精霊のウィル子に焚きつけられ、究極の武闘大会「聖魔杯」に挑む。優勝すれば世界が手に入るこの大会に武闘家、軍人などの格闘スペシャリストと、吸血鬼をはじめとする魔人あわせて3,024人が集結。
人生の一発逆転を賭け、ヒデオは風吹きすさぶ戦闘城塞に降り立つ。
『お・り・が・み』の続編にあたりますが、単体でも十分に楽しめる作品。

引きこもりで脆弱な主人公の川村ヒデオですが、引きこもりがちだったおかげか頭の回転が速く、機転の良さとハッタリでいくつもの壁を乗り越えていきます。全5巻と読みやすいのも魅力で、特に4巻ラスト~5巻ラストまではラノベ史上でもかなりの面白さだと高評価。

http://cupo.cc/topics/3298

*続く

2: ナナシさん 2016/06/06(月) 19:55:07.96 _USER
◆Missing/甲田学人(電撃文庫)
0c0f3df9-4ef8-484a-9d8a-f6db0e23e9a5

著者:甲田学人
イラスト:翠川しん
レーベル:電撃文庫
発売日:2001/7

房総半島に位置する聖創学院大附属高校を舞台とし、文芸部に所属する高校2年生の男女5人と“神隠し”の少女をメインとして物語は展開する。ふとしたキッカケで次々に起こる怪現象や事件に学校は次第に蝕まれ、幾つもの“物語”が交錯して、そして段々と学校そのものが『異常』になっていく――。
その中心に立つ“魔女”の“望み”とは何なのか?
物語は、感染する。そういった語り口で綴られていく、鬼才・甲田学人さんのデビュー作。

決められた主人公というものはいませんが、基本的には登場人物の一人である近藤武巳の視点で話は進みます。武巳は超平凡な少年で、事件が起こっても何もできずにいた、ということがあります。

民俗学やオカルトの話も多く盛り込まれているので、そちらに興味がある方はぜひ。

◆森の魔獣に花束を
7337e079-7a8e-4368-8435-42e90ddbc13f

著者:小木君人
イラスト:そと
レーベル:ガガガ文庫
発売日:2012/4/18

ひとりぼっちの魔獣の少女に恋をした。
とある村の近くに、人喰う魔物が棲むという禁断の森があった。家の跡継ぎになるための試練として稀少な青い薔薇を探す旅に出た少年クレヲは、同行者の裏切りに遭い、その森にひとり取り残される。そこでクレヲが出会ったのは半獣半人の魔獣の少女。
なんとか魔獣の少女の気を惹いて、食べられることを免れたクレヲだったが、その代わりに彼女のペットにされてしまった……。
絵を描くことだけが取り柄の臆病な少年・クレヲと、魔獣の少女ロザリーヌの出会いを描いたファンタジー小説。

ライトノベルらしからぬ雰囲気を持っている作品で、どちらかというと童話チックな恋愛ファンタジーです。最初はお互いギスギスしていたものの、段々と心を開いて、クレヲがロザリーヌから色々なことを学び、ロザリーヌの心が成長していくさまは、読んでいて優しい気分になれます。

力を持たず、人生ハードモードなクレヲが迎える結末は必見。

*以上

8: ナナシさん 2016/06/06(月) 20:07:03.82
フォーチュン・クエストかなぁ

10: ナナシさん 2016/06/06(月) 20:11:15.84
>>8
あれも主人公パーティーの大半はチート血統だし…
一応主人公は純粋に弱いけど、チート仲間におんぶにだっこな変則チート話だろう

29: ナナシさん 2016/06/06(月) 20:46:58.53
>>10
いや、クレイもトラップもノルもキットンも、ましてやルーミィも普通にレベル低くて弱いだろ

11: ナナシさん 2016/06/06(月) 20:11:30.83
>物語の王道といえば、主人公が強い力を得て敵を倒す、というのが普通です

なにその普通

53: ナナシさん 2016/06/06(月) 22:52:08.78
>>11
少年漫画とかでは普通

12: ナナシさん 2016/06/06(月) 20:11:59.59
ロトの紋章とかダイの大冒険みたい長期モノで面白いのがそろそろ来てほしいよ
ドラクエでしか出来ないのかね

15: ナナシさん 2016/06/06(月) 20:14:41.20
実際にチートじゃなくて弱い主人公ならストーリー進まんからなw

16: ナナシさん 2016/06/06(月) 20:15:25.04
>>15 だから長期モノ覚悟で大物の作家が作るべきなんだが、最近そういう人いないよねえ

54: ナナシさん 2016/06/06(月) 23:03:01.98
>>16
書こうと思ったら出版社や編集が我慢して書かせて出版もしてくれそうな作家って誰だろう

18: ナナシさん 2016/06/06(月) 20:21:27.32
・頭が良い、天才
・弁が立つ、ハッタリだけで窮地を切り抜けられる
・人を惹き付ける魅力がある、人望厚くリーダーシップがある
・敵の能力を無効化できる
・不死身
・時間移動系
・とんでもない強運持ち

こういうのはいくら運動能力が並だろうが戦闘力が低かろうが
普通に有能な主人公であって別に弱くもなんともない

25: ナナシさん 2016/06/06(月) 20:41:16.68
>>18
「弱いはずなのに戦いでなんとかなる」って時点で、常識的な尺度を外れた能力持ちなんだよね
なので「主人公は弱い」って設定自体チート系に直結するわけで
そもそも矛盾しているテーマだという

26: ナナシさん 2016/06/06(月) 20:44:03.75
落第騎士➡まだわかる
最弱無敗➡はぁ?

36: ナナシさん 2016/06/06(月) 21:12:48.36
>>26
「最弱無敗」は闘技場で引き分け狙いでしか戦わない主人公に付けられた異名
「強いくせに勝とうとしない奴」への皮肉であって
そもそも周囲から弱いと思われていない

46: ナナシさん 2016/06/06(月) 22:22:09.51
>>36
それ「最強無勝」じゃね?

48: ナナシさん 2016/06/06(月) 22:35:53.77
>>46
それや

30: ナナシさん 2016/06/06(月) 20:47:39.08
アウトブレイク・カンパニーは入ってないんだ

44: ナナシさん 2016/06/06(月) 22:04:02.78
されど罪人は龍と踊る
主人公もモブよりは強いが敵がそれ以上に強すぎる

47: ナナシさん 2016/06/06(月) 22:34:36.23
戦闘城塞マスラヲ

レイセンしかありえない
あとはミスマルカ興国物語とか
林トモアキ作品はイイ

175: ナナシさん 2016/06/11(土) 22:38:15.43
>>47
ミスマルカいいね。

身内の裏切りで主人公の戦略外れて
バッドエンドとか興奮した

50: ナナシさん 2016/06/06(月) 22:41:04.92
どうせマスラヲは入ってないんだろうなと思ったら入っててビックリ
アニメ化しろよ

51: ナナシさん 2016/06/06(月) 22:48:54.23
なれる!SE
 システムエンジニアとしてIT企業に入社したド素人桜坂工兵
 無理難題だらけの仕事。天才だが問題だらけの上司、
 上司と仲の悪い他の部署の人達、わがままな顧客。
 絶対的に足りない時間と主人公の能力。
 唯一の潜在能力「調整力」で乗り越えていくサクセスストーリー。(ただし壮絶ブラック)

104: ナナシさん 2016/06/07(火) 12:19:00.64
>>51
あれも周りがチートだらけだからな・・・
本人も何で就活こけまくったんだってくらい人間力高いし
惰性で読んでたけど数冊積んでるわ

129: ナナシさん 2016/06/07(火) 20:08:53.35
>>51
主人公、チートじゃないかw

60: ナナシさん 2016/06/06(月) 23:50:05.71
グリムガル最後メチャクチャやってたやん
アニメ終わっちゃったからこのすばは入れなかったんかこれ?

62: ナナシさん 2016/06/07(火) 00:07:25.09
>>60
グリムガルは原作2巻があの終わりだから仕方ない
アニメしか見てない人は運が良かっただけってのは分からんだろうね
以降8巻までボスクラス相手にはあれで止めさせたことは無いと言うか発動すること自体があんま無い

70: ナナシさん 2016/06/07(火) 04:09:21.65
>>62
いや、あれを運が良かったで片付けるのに無理がある。
それまでザコ戦でちょこちょこ使ってたのに、発動頻度自体下がったなら作者にチートだって自覚があるだけかと。

69: ナナシさん 2016/06/07(火) 02:32:26.01
終わりのクロニクルの佐山はあれ、最終経歴空手大会決勝進出程度のくせに相手が神様とかロボットばかりで相対的に弱く見える
特殊能力もないし

72: ナナシさん 2016/06/07(火) 04:31:34.22
アニメで見た六花の勇者の主人公はチートじゃなく最強でもなかった
いや自分自身は世界最強の男って名乗ってたけど

78: ナナシさん 2016/06/07(火) 07:56:18.92
>>72
あれはまわりが強すぎるんだ
敵がもっと強くて賢くて用意周到に幾つも罠を準備してるだけなんだ

アドレッドが弱いわけじゃないんだ…

90: ナナシさん 2016/06/07(火) 10:04:11.58
突発的に異世界送られて現代知識無双できる奴とかTOKIOぐらいだろ
俺が異世界送られても火縄銃とか作れんし農業も出来んわ

92: ナナシさん 2016/06/07(火) 10:23:42.32
スレイヤーズの作者の日帰りクエストでは
異世界に召還された主人公は現代の知識をひろうして
賢者扱いだったな
戦闘の役にはたって無かったけどw

96: ナナシさん 2016/06/07(火) 10:37:36.00
リゼロの死に戻りはリスクある気配を出してる
このすばのカズマは一人だけ役に立たないとかボロクソ言われた後に無双してる
魔王軍じゃなくて人類相手にだけど

103: ナナシさん 2016/06/07(火) 11:52:32.78
織田信奈の野望の良晴は戦に出るとだいたい負けとるな。
個人戦は論外だし、兵を率いても戦場ではほぼ勝ってない。
ラノベじゃ珍しいタイプの主人公なのかね。

111: ナナシさん 2016/06/07(火) 13:25:20.76
パっと思いついたのがこのすばのカズマさんだ
でもスキルを覚えてけっこう強いんだよな

119: ナナシさん 2016/06/07(火) 16:33:19.51
おい落第騎士がないぞどうなってるんだ!

123: ナナシさん 2016/06/07(火) 18:58:48.57
>>119
そりゃ劣等生真似た主人公最強ラノベだから無くて当たり前ですわ

135: ナナシさん 2016/06/08(水) 01:08:31.95
>>123
お前どっちも読んでないだろw

124: ナナシさん 2016/06/07(火) 18:59:35.45
チート嫌いならグリムガルの外伝のさらに外伝を読め
弱い主人公たちが一回も勝てないまま終わるから

125: ナナシさん 2016/06/07(火) 19:01:23.42
まあ結論として
日常系こそ正解ってことだな
チートも糞も
そもそも戦わせなければ良いんだからな



(゚∀。)y─┛~~ 弱い主人公といえばホライゾンのトーリでしょう。誰もが認める無能で、唯一持つ能力は流体を分け与えるというもの。まぁそれはそれでチートなんだろうけど、主人公本人は弱いからなぁ。最近のだとインスタント・マギもおすすめ。



インスタント・マギ<インスタント・マギ> (NOVEL 0)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2016-02-15)
売り上げランキング: 62,931



http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1465210489/0-